花王がカネボウから買収したのは化粧品部門のみ。その再生には今なお苦心しているが、実は化粧品以外の旧カネボウ事業は復活を果たしている。

カネボウの粉飾決算が発覚し、解散してから10年。かつて「ペンタゴン経営」と称賛されたカネボウの主力5事業は切り売りされ、現在はすべてほかの会社の傘下にある。

祖業の繊維は北陸の名門繊維企業セーレンが買収。「余り物」と呼ばれた日用品・薬品・食品の3事業はクラシエが担っている。

「10年かけてやっと普通の会社になることができた」。そう苦難の歴史を振り返るのは、今年1月に社長に就任したクラシエホールディングスの岩倉昌弘氏だ。

再建当初、大株主は投資ファンドで、いつ身売りされるかわからなかった。カネボウの社名を使うことができず、取引先からも相手にされない。不安で退職する社員も続出した。当時、日用品事業のトップだった岩倉氏は前社長の石橋康哉氏(現副会長)とともに、カネボウの経営を反面教師にして再建に奔走した。