「夏でも毎日ストールを巻いている。本当は肌を見せたいけど、首の白斑が目立つから……」。金子亜紀さん(仮名)は若い頃からカネボウの美白化粧品を愛用してきた。違和感を覚えたのは、2011〜12年のこと。顔から首にかけて皮膚に白いまだら状の模様が広がり始めた。

当初は原因がわからず、病気かと思って病院に通ったがさじを投げられた。その間も化粧品は使い続けた。13年7月、カネボウ化粧品がロドデノールという美白成分の配合された化粧品の自主回収を発表。そこで初めて、この美白化粧品が原因で自身に白斑症状が出たことを知った。現在も完治には程遠い状況だ。

回収対象となった美白化粧品。カネボウは70万個の製品を回収した

白斑事件から4年半。18年1月末時点で白斑症状が見られた被害者1万9589人のうち、和解に達したのは1万7838人。現在も約1割の被害者が、和解交渉を継続している。