eスポーツが産業として成立し始め、「プロゲーマー」を職業とする選手も増えている。ハンドルネーム「ときど」として活動する谷口一さん(32)は、東京大学卒のプロゲーマーだ。

(撮影:梅谷秀司)

谷口さんの競技種目は格闘ゲームの『ストリートファイター』。「豪鬼」という、強力な技を出せる代わりに体力が少なく、つねに完璧な操作が要求されるキャラクターを操る。米国で開催される世界最大の格闘ゲーム大会EVOで昨年優勝するなど、実力は世界でもトップクラスだ。

現在は米国のプロeスポーツチーム「Echo Fox」に所属し、そこからの給料と大会賞金で生活している。毎日8時間以上を練習に費やしながら、年間で15ほどの国際大会に出場する。年収は非公表だが、「給料収入だけで食べていけるくらいはもらっています」。