大豆タンパク質を素材に、より健康的な食材の開発が可能に

世界中で広がる健康志向を追い風に、油脂大手の不二製油グループ本社の大豆事業に、食品業界から関心が高まっている。同社は1950年創業で、日本の製油会社では最後発だ。事業の主力はチョコレートなど製菓・製パンの素材や油脂だが、これに大豆事業が成長の新エンジンとして加わろうとしている。

なぜ大豆なのか。実は、「最後発企業ゆえに、油脂でも他社がやっていないことをせざるをえなかった」と、清水洋史社長は言う。そのためパームなど南方系の油脂に加え、大豆タンパク質の研究も創業直後から継続されてきた。

当然、大豆タンパク質系製品も提供し続けてきたが、いま一つパッとしなかった。これは、消費者が認めるに十分な価値を大豆で創造できなかったから、と清水社長は言う。

ところが、最近になって自社の技術・開発の蓄積と、環境や健康の重視という世界的なニーズの高まりが一致するようになったと力を込める。大豆事業を自社のコア事業として高く掲げる時期がようやく来た、というのだ。