山口県東南部の大島郡に周防大島という島がある。瀬戸内海国立公園の一つで、瀬戸内海では淡路島、小豆島に次ぐ3番目に大きな島だ。しかし、その大きさの割に、淡路島や小豆島に比べて全国的な知名度は低い。

面積は約138平方キロメートル。島には600メートル級の山々が連なり平地は少ない。主な産業は瀬戸内海の海の幸に恵まれた漁業、みかんなど柑橘類の栽培、さらに海水浴場や温泉を中心とする観光業だ。

人口は1万7030人(2017年4月時点)。1975年の3万4331人から、この40年強で島の人口は半減した。76年には島にとって悲願だった大島大橋が開通したが、皮肉なことに橋の開通が島からの人口流出を加速させてしまったといえる。

本州と周防大島を結ぶ大島大橋。約40年前の橋の開通が皮肉にも人口流出を加速させた

現在、65歳以上の高齢者が総人口に占める高齢化率は52%、16年度の島の出生者数はわずかに43人で、同期間の死亡者数が474人。全国でも有数の高齢化した街である。人口は減少の一途で将来的には街の存続すら危ぶまれる。