中東地域は、イスラム教と国家・社会体制が密接に結び付いている。宗派の対立が戦乱を生むこともある。スンニ派、シーア派の教義上の相違点や両派の勢力争いについて解説する。

2大宗派の相違点 血統や法学めぐり大きな断絶

世界のイスラム教徒の数は約16億人で、世界人口の約23%を占める。キリスト教の約31%に次いで信者が多い。

米国調査会社の予測によると、イスラム教は2100年には信者数でキリスト教を上回り世界最大の宗教になる。アジア、アフリカ諸国での出生数が多いうえ、欧米で改宗者が増えているからだ。

世界のイスラム教徒の約90%がスンニ派だ。シーア派は約10%。ただし、中東に限ればシーア派はイラン、イラクを中心に多数の信者がおり、両派は拮抗する。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP