サルマン国王(右)と、改革を進めるムハンマド皇太子(AA/時事通信フォト BANDAR ALGALOUD / SAUDI KINGDOM COUNCIL / HANDOUT)

サウジアラビアで1932年の建国後初めてともいえる大改革が進められている。女性の自動車運転解禁や、汚職嫌疑による王族らの一斉拘束がそれだ。

背景には、石油に過度に依存した経済・社会構造からの脱却を急がなければいけない事情がある。

世界的には、石油が枯渇するよりも前にパリ協定に基づき代替エネルギー開発が急ピッチで進み、英仏などは2040年までにディーゼル車やガソリン車の新車販売を禁止する方針を打ち出した。石油収入が歳入の9割近くを占めるサウジは、変化を拒めば国家として立ち行かない。

大改革は、16年に発表された脱石油依存経済を目指す「ビジョン2030」に沿い、父親のサルマン国王に代わって実質的な指導者となった32歳のムハンマド皇太子が陣頭指揮を執る。だが、不安もある。あまりに変化が急激であり、王族らの一斉拘束に見られるように手法が荒っぽいためだ。