米国の日産販売店。販売が苦戦しているセダンでは値引きが目立つ

日本車メーカー各社の2017年4~12月期の決算が出そろう中、業界に衝撃を与えたのは日産自動車だった。世界販売は前年同期を2.9%上回ったが、営業利益は前期比27.6%減に沈んだ。

日産は18年3月期の営業利益予想を5650億円(前期比23.9%減)と800億円減額。下方修正は今期2度目だ。無資格検査問題に関連する追加費用300億円のほか、米国が中心の在庫処理費用400億円が利益を押し下げる。

「米国は成長に軸足を置きすぎた。収益、ブランド、販売の質(を高めるよう)に方向を変えなければいけない」。日産の田川丈二常務執行役員は今月8日の会見で苦渋の表情を浮かべた。世界販売台数の4割弱を占める北米。その要の米国が収益性悪化に苦しんでいる。