通学タイプ|あの手この手でWebに対抗

ネット全盛の時代だからこそ、リアルの強みを生かす──。そのような姿勢で次々と新たな学習メニューをそろえるのが、通学タイプの教室やセミナーである。

[ヒューマンアカデミー]最近人気が高いという日本語教師の養成講座。検定試験の対策も行う

全国30校で800講座以上を展開するヒューマンアカデミー。同社が注力するのが日本語教師の養成講座だ。追い風は留学生など日本語学習者の増加。文化庁によると2011年度から5年で7割増え20万人を突破した。代表取締役の新井孝高氏は、「定年退職後に日本語教師を目指す人は多い。受講者の4割は50代以上」と話す。

おもてなしニーズの高まりから、日本伝統文化伝承師の資格に対応した体験型の講座も人気。イベントの企画や集客の手法を学ぶこともできる。

教室ならではの体験

一方で「ワインアカデミー」を展開するのが、パソナグループ傘下のキャプラン。「ワインはプレゼントや会話のネタとしてビジネスツールになる」(研修ソリューション営業部の臼井秀光氏)。趣味のためだけでなく、キャリア志向の高い社会人の需要も増えているという。テイスティングや食べ物との組み合わせなど、スマホ画面を見るだけでは学びにくい内容を教える。

ビジネスパーソンにとっては、第一線で活躍する人材と直接触れ合うのも重要な学び。六本木・アカデミーヒルズの「日本元気塾」では、LIXILグループ元社長の藤森義明氏や一橋大学大学院の楠木建教授といった有名経営者や学者が講師役を担う。1日完結型ではなく9カ月じっくり学ぶ。卒塾生同士で交流が続くケースも多い。

 

社会人大学院|定番のMBA以外も存在感増す