NHKのアナウンサーとして、「生活ほっとモーニング」などのキャスターを務めた内多勝康さん。今は、在宅で医療的ケアが必要な子どもの短期入所施設「もみじの家」のハウスマネージャーとして働く。“朝の顔”が50代で転身したきっかけには、ある学び直しがあった。

うちだ・かつやす●1986年東京大学教育学部を卒業後、NHKに入局。「生活ほっとモーニング」などのキャスターを務めた。2016年春に退職し、現職。社会福祉士の資格を持つ。(撮影:梅谷秀司)

53歳を目前に控えた2016年春、30年間勤めたNHKを早期退職し、福祉施設の職員として働き始めました。もともと安定志向なのに、われながら思い切ったなと思います。今の主な仕事は、予算など事業計画の策定と、メディア対応や講演会といった広報活動です。

福祉の世界との出会いは、新人アナウンサー時代に高松でボランティア協会主催のお祭りの司会を務めたことでした。そこで初めて、障害を持つ方々と濃厚に接したのです。それ以来、制度の不十分さに対する考えや生きづらさといった本音を協会の方々から伺い、福祉に関する番組企画を次々と提案していくようになりました。