カーシェア業界最大手EVCARDの電気自動車。利用者が急増する一方、充電時間の長さが課題だ

シェア自転車に続き、電気自動車を利用したカーシェアリングが中国で浸透しつつある。市場開拓の余地は大きいが、駐車場や充電場所の確保の難しさ、利用者のマナーの悪さなども相まって、普及には課題も山積している。

調査によれば、中国のカーシェアリングの利用回数は2015年に1日当たり816万回だったのが、18年には同3700万回に達する見込み。潜在的な市場規模は1兆8000億元(1元は約17円)との試算もある。政府も省エネルギー、高効率社会実現の観点から支援しており、将来性は高い。

中国の業界最大手、EVCARD(上海市)は18年1月現在、60都市に2万7000台の電気自動車、5万5000台分の駐車・充電スペースを確保、登録会員は200万人を超える。利用料金は1分当たり0.5元で、1日単位だと平日88元、週末128元から。中国ではクレジットカードが一般的でないため、現金のデポジットが3000~1万元程度必要(額は車種による)。20年までに100都市、30万台を目指している。

配車アプリ最大手が新エネ車と提携し参入

今年2月上旬には世界最大級のタクシー・ハイヤー配車プラットフォーム、滴滴出行(ディディチューシン)が有力新エネルギー車メーカーのBYD(比亜迪)、仏ルノー・日産自動車・三菱自動車アライアンス、奇瑞汽車、吉利汽車など12社と戦略的協力関係を締結。新エネルギー車を活用したカーシェアリングに本格進出することを発表した。