何を学び直し、どうライフ・シフトにつなげるか。その方法は人それぞれで正解はない。

ただ、時代のトレンドを見渡すと、転身先として可能性が広がる分野がある。一つはインターネットやAI(人工知能)などデジタル関連の分野。優秀なエンジニアへのニーズはどの業界でも顕著だ。そして、「もう一つの大きな需要が地方で後継者不足に悩む中小企業だ」と、経済産業省の伊藤禎則・産業人材政策室長は指摘する。

「今後5年間で地方の中小企業を継いだ若手経営者が続々と誕生する。そこで高まるのが右腕人材のニーズ。都心で学び直しを経たミドル人材が活躍できる可能性は大きい。彼らは起業するのもいいが、地方にすでにある資源を生かすことで企業の成長につなげることができるだろう」(伊藤氏)

地方の中小企業にとって後継者不足は深刻だ。2025年には70歳以上の中小企業の経営者が、70歳未満の同経営者の2倍弱の約245万人に達するといわれ、うち半数ほどが後継者未定とされる。