談合疑惑が浮上したのはリニアだけではない。昨年9月、NEXCO東日本および中日本は東京外かく環状道路(外環道)の工事契約について、「談合の疑いが払拭できない」として手続きを中止した。

問題の工事は、外環道と中央自動車道とが交差する中央ジャンクション(JCT)付近の地中拡幅4工事だ。この工事を大手ゼネコン4社がそれぞれ中心となったJVで分け合っている疑惑が生じた。

本線工事はすでに大手4社のJVが受注。関係者によれば、各社が受注した本線に対応する箇所のJCT工事を割り振ったようだ。