長野県北安曇(きたあづみ)郡白馬村といえばスキーのメッカだ。私が学生の頃は毎年のように訪れ、朝から夜までゲレンデに繰り出し、何かにつかれたかのように滑っていた記憶がある。

ただ、昨今の白馬でスキーをする日本人は激減している。日本人のスキー・スノーボード人口は1993年の約2000万人をピークに減り続け、約550万人にまで落ち込んでいる(日本生産性本部「レジャー白書2017」)。

最近の若者、中でも学生の多くはスキーやスノボに興味が乏しく、もっぱらスマートフォンやゲームにおカネを使う。寒い冬にわざわざ高い交通費をかけてスキーやスノボで遊ぶという感覚は持ち合わせていないようだ。

そして今、日本人に代わって白馬のゲレンデを席巻するのは、オーストラリア人やカナダ人といった外国人である。彼らは冬のスキーシーズンを迎えると、欧州やカナダなどのスキー場に繰り出してきた。こうした超優良客が日本のスキー場にもやってくるようになったのだ。