1月22日に東京で大雪が降ったとき思い出したのが、東日本大震災の日のことだ。交通の大混乱がまた起こったからだ。都内の駅には人があふれて、高速道路も大渋滞に陥った。

「またか」と思わせたのは、タクシーだ。都内を走るタクシーは、大半が回送の表示に変わって乗車できない。震災のとき、タクシーはほぼすべて乗車拒否だった。今回も駅前のタクシー乗り場には長蛇の列ができていた。おそらくは何時間も待たされただろう。バスも満員になって、何台か待たなくてはいけなかった。

降雪の数日後、タクシーに乗ったとき、なぜあの日に回送マークにしたのか尋ねてみた。運転手は「冬の日に事故を起こすと1週間近く車を使えなくなって困るのだ」と解説してくれた。乗務できないとその間の売り上げがなくなる。車は自分だけではなく、ほかに二人のドライバーが交代で使っている。だから客を乗せないほうがよいと乗車を拒否したという。タクシーは非常時には役に立たないと思ったほうがよい。