休廃業が増えることによって、技術やノウハウの伝承が途絶える懸念がある(撮影:尾形文繁)

「この仕事は自分の代で終わりという仲間もけっこういますよ」。東京都内にある建設会社の社長はそう話す。

建設業界は今が稼ぎ時。ところが休廃業する会社が後を絶たない。信用調査会社の東京商工リサーチによれば、2017年に建設会社が休廃業や解散に至った数は7072件に上る。倒産件数の4.5倍だ。

しかも収益は上がっているのに事業をやめてしまった企業が少なくない。17年版「中小企業白書」によると、13〜15年に休廃業や解散をした企業の中で経常利益が黒字と判明しているのは3233社ある。そのうち、実に5割弱を建設業が占めているのだ。

好調な環境がこの先も続くとは思っていない