今年10月11日の開場が決まった豊洲市場(撮影:今井康一)

小池百合子東京都知事が明らかにした「盛り土」問題に揺れた豊洲市場。有害物質を含む地下水の安全性をめぐるすったもんだの末、地下空間にコンクリートを打ち、地下水管理システムを改修することを条件とし、今年10月11日に築地から移転することで決着した。

都肝いりの改革が裏目  ゼネコンが豊洲にそっぽ

ところが、今度はその追加工事をめぐって都は苦杯をなめさせられる。工事を請け負うゼネコンがなかなか決まらなかったのだ。

昨年9月から都が発注した追加工事9件のうち、その日のうちに落札されたのはわずか1件。ほとんどは業者側の金額が予定価格(都が設定した落札の上限価格)を大幅に超過、あるいは1社も入札に応じなかった(8件のうち主要な5件については下表参照)。