世界もそうだが、日本でも絵画や美術品など富裕層を対象にしたオークション市場が活況だという。オークション大手のサザビーズの日本法人代表、平野龍一氏に聞いた。

ひらの・りょういち●1971年生まれ。成城大経卒。彌生画廊で顧客のコレクション形成をサポート。2008年家業の平野古陶軒を継ぐ。12年サザビーズに入社、16年から現職。中国古美術が専門。(撮影:尾形文繁)

──日本人のオークション参加者が増えているそうですね。

具体的な数字は言えないが、日本法人の売上金額(取扱金額)は増えている。サザビーズはニューヨーク、ロンドン、パリ、香港などでオークションを行っているが、日本人の顧客は日本法人が窓口になって取引することがほとんど。

昨年は前澤友作氏(スタートトゥデイ創業者)が弊社のニューヨークのオークションで、米国人アーティストのバスキアの作品を123億円で落札したことが話題になったが、それだけではなく日本人の取引は活発だ。日本、世界とも、人気があるのは現代芸術、印象派、中国美術だ。