いろかわ・とおる●野村証券、新生銀行を経て2009年入社。12年に楽天投信投資顧問社長に転じるが、17年4月から当社に復帰し現職。(撮影:尾形文繁)

取引の場は、機関投資家から個人投資家まで、また短期投資から長期投資まで、さまざまなスタイルの資金が有機的に集まることが健全であり、重要なことだ。

しかし、これまでの当社のPTS(私設取引システム)には、個人投資家がほとんど参加していなかった。それが昨年12月、楽天証券と接続することによって幅広い銘柄に個人の売買注文が集まるようになり、取引に広さと深さが増している。参加している機関投資家からの評判もいい。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP