日本の科学研究は過去十数年間で量、質ともに競争力を急激に落とした(記事下図表1)。科学論文数の世界シェアの順位は、主要先進国で日本だけが下落している。英米もドイツもフランスも、シェアは大して変わって…