屋外には食堂車を利用したレストランも。映画をテーマにした中国電影博物館も隣接する

北京の空は青かった。かつては、冬の北京といえば、どんよりと鉛色のガスに覆われ、憂鬱になったものだ。北京市が暖房を石炭から天然ガスに強制的に転換したことで、PM2.5の数値は急激に下がり、2017年12月の訪問時にその効果を感じた。暖房を十分に使えない家庭が出るなどの弊害も耳にするが……。

北京首都国際空港ターミナル3は世界的な建築家ノーマン・フォスター氏が手掛けた。中国の伝統的な色彩である黄色のはりが天井を覆い、龍をイメージさせる傑作だ。その巨大な天井の下、外国人用の入国審査ブース前は長蛇の列である。外国人用のブースは計14あるが、稼働しているのは四つ。この分だと30分は待たされる。

入国審査官を8名増やせば待ち時間は10分に短縮できる。4000億円以上というターミナルの建設費から見れば、この人件費増など知れているが、要はあまり改善する気がないのだろう。こうした状態を放置している空港は世界に数多い。もちろん日本も例外ではない。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP