北海道の新千歳空港から鉄道かバスに約2時間半揺られると、ニセコ町にたどり着く。ニセコはアイヌ語で「切り立った崖」を意味する。以前は「狩太(かりぶと)町」という名称だったが、1964年に現在の名称に変更された。

隣接する倶知安(くっちゃん)町と並び、道内屈指のスキーリゾートとして栄えてきたニセコ。町内には複数のスキー場があり、パウダースノーの魅力は国内の多くのスキー場でも群を抜く。また羊蹄山を代表とする景観や、域内で栽培される野菜、さらに湯量の豊富な温泉などの資源に恵まれ、多くの観光客をとりこにしてきた。

こうした観光資源に目をつけたのが外国人客だ。2004年度にわずか1万3833人泊だった外国人客の延べ宿泊者数は、16年度には約15倍の20万4494人泊にまで激増。その内訳は中国、香港、台湾といったアジア人だけでなく、オーストラリア人や米国人にも広がっており、町内の道路標識やレストランのメニューには英語表示が浸透してきた。