昨年4月、米国のHFT(高頻度取引)業界に衝撃が走った。HFT最大手のバーチュ・フィナンシャルが同業のKCGホールディングスを買収すると発表したのだ(買収金額14億ドル、同年7月実施)。HFT業者の収益が軒並み低迷する中、業界を代表する上場2社の統合となった。

バーチュは2015年4月に上場する際、過去1278日のトレーディングのうち損失を計上したのはたった1日と公表し、高速取引の無敵ぶりを誇示した。KCGもバーチュと覇を争うHFT大手ゲッコーを傘下に置く有名企業だ。

ところが、彼らのトレーディング収益は減少が続いている(下図はバーチュ)。16年後半以降、市場のボラティリティ(価格変動)が小さくなり、収益機会が減ったことに加え、同様の投資戦略を展開するHFT業者が増加し競争が激化したことが要因とされている。

HFTの主な投資戦略はマーケットメイク。典型的な手法は次のようなものだ。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP