上はベスト4位につけた慶応義塾大の日吉キャンパス。(撮影:大澤 誠)国際基督教大(下)は知名度は高いが、キャッシュフローは2期連続赤字に(撮影:梅谷秀司)

レッドゾーンは21法人、イエローゾーンは91法人──。

日頃から私立大学の経営をウォッチしている日本私立学校振興・共済事業団によると、大学や短期大学を経営する全国660学校法人のうち、2割弱に当たる112法人の経営が要注意状態であることがわかった。

同事業団は、学校法人の経営状態を測る物差しとして、教育研究活動のキャッシュフロー(CF)が過去3期中2期赤字かどうか、外部負債が運用資産を超過しているか、外部負債は返済可能な額かなどを利用している。その物差しに照らし、2017年3月期時点において「自力再生が困難な状態」をレッドゾーン、「経営困難状態」をイエローゾーンと判定している。

同事業団は詳細な法人名を開示していない。このため本誌は、各学校法人のホームページを基に、大学の本業のCF(教育活動資金収支差額、16年3月期と17年3月期の2期)を算出。ワースト100、ベスト50の大学を独自にランキングした。

地方大学で目立つ赤字 医科系大学はベスト上位に

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP