所属研究者の不正が発覚し謝罪する、京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥所長(読売新聞/アフロ)

「論文に改ざん・捏造があった」。1月22日夜、京都大学iPS細胞研究所(CiRA〈サイラ〉)はそう発表し、山中伸弥所長が深々と頭を下げて謝罪した。

論文の著者は同研究所の36歳の特定拠点助教。有期雇用で雇用期限は3月だった。「背景に焦りがあった」とする見方もある。

「相手は生き物」が研究不正の温床か?

CiRAには研究の倫理的課題に取り組む部門があり、研究不正を未然に防ぐための実験ノートチェックなども行われてきている。それでも、事件は起こった。

下図は1977〜2012年の35年間に発覚した日本の研究不正114件を分野ごとに分類し、比率を示したものだ。ライフサイエンスに該当する「医・歯・薬学」の35件、「農・獣医学」「生物学」の各4件を合計すると43件となり、全体の約40%になる。研究不正でライフサイエンスが目立つのは気のせいではない。もっとも、研究者人口も約40%と多く、研究者1人当たりの研究不正件数が特に多いわけではない。