子ども食堂や無料の学習塾など、貧困家庭の子どもたちを支援するボランティア活動が広がっている。運営は地域住民やNPO法人などで、子どもの居場所作りや学力向上に役立っている。東京・八王子市で中高生向けの「八王子つばめ塾」を開いている小宮位之氏に聞いた。

こみや・たかゆき●1977年生まれ。国学院大学文卒。私立高校の非常勤講師、映像制作の仕事に携わる。ウガンダやレバノン、東日本大震災などを取材。2012年9月につばめ塾を立ち上げる。(撮影:梅谷秀司)

──塾にはどんな子どもが通っているのですか。

中高生が約90人で、うち中学生が9割。家庭環境は母子家庭と共働き家庭が半々だ。きょうだいが多いのが特徴で、大体3人以上。6人きょうだいの子もいる。

僕も都営住宅に住む、貧しい家庭に育った。僕はたまたま祖父母に学費を出してもらい大学に進学できたが、ここの子どもたち全員が大学進学できるかというと厳しい。大学に行くならば自分で何とかしなさいという家庭の子が多い。

有料の塾に通うには最低月2万〜3万円かかる。年収200万円の家庭でも子ども1人なら何とかなるが、中学生前後の子どもが3人だと、とても払えない。僕は「月2、3万円の壁」と呼んでいる。