2017年末から18年の初めにかけてイラン全土の各都市で大規模な反政府暴動が発生した。25人もの死亡者を出し、当局が400人を拘束し、とりあえず治安を回復した。

なぜ、この騒動が起きたのか。この騒動はイランの将来にどのような意味を持つのだろうか。

騒動の発端はイラン北東部の都市マシャドであった。当初は小規模なデモであったものが、全国規模の騒動に発展したのはなぜだろうか。そして、そもそもなぜマシャドでデモが起こったのだろうか。

この騒動を、イランの最高指導者のハメネイ師は外国の陰謀だと主張している。米国やイスラエルなど、イランの敵が操った騒動なのだという。しかし、今のところ具体的な証拠は示されていない。

イランの最高指導者ハメネイ師は、デモは「敵国が扇動」と非難(Abaca/アフロ)

アフマドネジャド前大統領が民衆をそそのかしたとの議論も一部では展開されている。しかし、これも奇妙である。アフマドネジャド氏への支持が強いのは首都テヘランである。大統領就任前、アフマドネジャド氏はテヘラン市長だったからだ。首都の市長としての約3年間の実績を踏まえ、05年の大統領選挙で当選した。