学生数1万人以上の大規模大と小規模大との格差はますます広がる(イラスト:門川洋子)

私立大学に「2018年問題」という大波が押し寄せようとしている。

「主要顧客」である18歳の人口はピーク時の1992年に200万人を超えていたが、18年は118万人へほぼ半減。00年代後半に減少ペースはいったん鈍ったが、18年の18歳人口は1.5万人減少するなど再び加速し、31年には100万人を切る。4年制大学への進学率も足元50%前後で頭打ちだ。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP