中国のイノベーションセンターとなった深センの風景

2014年にノーベル物理学賞を受賞した中村修二氏は米カリフォルニア大学の教授だが、その研究拠点の一つを中国・深センに置いている。深セン市は世界中からノーベル賞受賞者を誘致しており、それに応じたのだ。

「ノーベル賞科学者ラボ」と題したこのプロジェクトでは1件当たり1億元(1元=約17円)程度の研究費を助成し、最先端の科学技術が導入された研究拠点を提供する。すでに10カ所以上のラボが発足しているが、今も日本人を含め多くの研究者にアプローチが続いているもようだ。

筆者は10年間以上の日本滞在を切り上げて3年前に帰国した。働く場として深センを選んだのは、ここが中国のイノベーションセンターだからだ。深センの経済規模は北京・上海に次ぎ、今や中国第3の都市だ。