本来自らの研究に専念すべきポスドクだが、雑務で忙殺されている(イラスト:門川洋子)

「海外から帰ってきたら状況が一変していた。常勤職に就くのがこんなに難しいとは当時は思わなかった」。国内の研究機関で生物系の特別研究員として働く40代女性のAさんは肩を落とす。

Aさんは2000年に博士号(理学)を取得し、米国で4年強の研究生活を送った。研究職に就くなら早めに海外経験を積んだほうがいいとされていたためだ。「1990年代前半までは海外から帰国した後、大学で助手(現、助教)となり、そのままアカデミアの世界に残れるのが普通だった」(Aさん)。

ポスドクとして研究を続ける40代女性

ところが90年代後半に流れが変わった。国は科学技術立国を掲げ、大学院重点化を推し進めた。博士課程修了者数は91年から00年の間に2倍に膨らんだ。

任期制が研究劣化の元凶だ

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP