さいとう・あつし●1939年生まれ。63年慶応義塾大学卒業、野村証券入社。95年副社長。2003年に産業再生機構社長。07年に東京証券取引所社長。17年から日本野球機構会長。(撮影:尾形文繁)

東京証券取引所の社長時代で、印象深いのはやはり大阪証券取引所との統合だ。

狭い日本、東京と大阪とで取引所が分かれている必然性はない。そんな構想を私は持っていて大証側も同じ思いだった。2011年3月から統合比率や買収価格などで粘り強く交渉を続け、同年11月に基本合意にこぎ着けた。