夏の最需要期に出荷するには、1月までに養殖を始める必要がある(Haruyoshi Yamaguchi/アフロ)

いよいよウナギが“高嶺の花”になってしまうかもしれない。

ニホンウナギの稚魚が深刻な不漁に陥っている。例年、11月ごろから始まるウナギの養殖だが、2018年度(17年11月以降)最初の2カ月間で国内の養殖池に入れられたのは、わずか0.2トン。1年前の同時期の5.9トン、2年前の2.9トンと比べても非常に少ない。

稚魚の取引価格にも影響が出始めた。日本鰻輸入組合の森山喬司理事長は「輸入物を国内に卸す価格は、1月22日時点で1キログラム当たり390万円になった」と明かす。これは記録的不漁だった13年度の平均価格248万円を大きく上回る。