1月22日、安倍首相は衆議院本会議で所信表明演説を行った(時事)

「50年、100年先の未来を見据えた国創りを行う。国のかたち、理想の姿を語るのは憲法です。各党が憲法の具体的な案を国会に持ち寄り、憲法審査会において、議論を深め、前に進めていくことを期待しています」 

第196回通常国会が召集された1月22日午後、安倍晋三首相が衆議院本会議で行った所信表明演説の末尾の言葉である。

2018年に安倍首相が目指すのは、自民党総裁3選と憲法改正案国会発議の二つだ。

自民党憲法改正推進本部の特別顧問でもある高村正彦副総裁(非国会議員)は日本経済新聞のインタビューで、3月25日の党大会をメドに党独自の憲法改正案をまとめる意向を示した。

日を置かずして二階俊博幹事長も、滞在先のインドネシアで同行記者団に対し、「党大会に『中間報告』の形で打ち出すのも一つの考えだろう」と語り、事前のすり合わせがあったうえでの発言であることをうかがわせた。安倍首相の悲願である憲法改正実現に向けた動きが加速することは間違いない。

問題は改憲の中身である。昨年12月20日、同党憲法改正推進本部(本部長・細田博之元総務会長)は「憲法改正に関する論点取りまとめ」を発表した。その改憲4項目中の「1自衛隊について」に、次のように記されている。