てらばたけ・まさみち●1965年生まれ。京都大学工学部卒。89年日本たばこ産業(JT)入社。海外事業を統括するJTの子会社・JTIの副社長を経て2018年1月から現職。(撮影:今井康一)

2017年は紙巻きたばこの市場が前年比で10%以上縮小した。今後も国内では紙巻きたばこの販売本数が伸びることはないだろう。全体のボリュームが減る中では、シェアをしっかり取っていくことが重要だ。注力するブランドへの投資を継続して、現在のシェアを維持・向上させていく。

一方で、加熱式たばこの存在感が増してきている。18年は当社の加熱式たばこ「プルーム・テック」の販売地域を広げて、着実に供給量を増やしていきたい。

国内ではシェアを重視 加熱式たばこも巻き返す

──加熱式たばこはフィリップ モリス ジャパンが販売する「アイコス」に後れを取っています。