年明けの日経平均は741円高と26年ぶりの高値をつけた(撮影:尾形文繁)

株式市場の“宴”はまだ続いていた。2018年大発会(1月4日)の日経平均株価は、前営業日比741円高のロケットスタート。昨年11月中旬以降、年末まで立ちはだかってきた2万3000円の壁をあっさり乗り越えた。

その要因について東海東京調査センターの鈴木誠一市場調査部長は、韓国と北朝鮮の直通電話再開(1月3日)による地政学リスクの後退を一因に挙げる。「少なくとも平昌(ピョンチャン)オリンピックの閉幕まで朝鮮半島で有事が起きる可能性が小さくなり、ヘッジポジションを構築してきた投資家がその解消を余儀なくされた」。