ルネサスが自動運転用に注力するマイコン(左上)と米見本市に出展した自動運転デモ車

「自動運転では圧倒的な強みがある」。半導体大手ルネサスエレクトロニクスの呉文精社長は今、自信を深めている。

車載半導体に強いルネサスの業績は、自動ブレーキなど複雑な処理を必要とする運転支援機能の普及を追い風に拡大中だ。2017年12月期は売上高7710億円と、前年同期と比べて約2割増を見込む。大規模なリストラを経て、ようやく復活が見えてきた。

今後のカギとなるのが、冒頭の自動運転だ。1月9日から米ラスベガスで開催された家電見本市で、ルネサスは最新の自動運転車のデモ走行を実施。来場者の注目を集めた。

自動運転に用いる半導体は、自動車全体の“脳”となるチップ、センサーなどからの情報を基に判断・命令を行うSoC(システム・オン・チップ)、命令を受けて各部品を制御するマイコンの3種類に大別される。ルネサスはSoCとマイコンで高いシェアを握る。