2月9日開幕の平昌(ピョンチャン)冬季五輪が間近に迫ってきた。この大会は今も地元韓国人の関心が高まらず、先行きが危ぶまれている。しかしこれはかえって、五輪の意義を考えなおす、よい機会かもしれない。

今を遡(さかのぼ)る四十年前の1979年末、ソ連がアフガニスタンに侵攻した事件で、日米など西側諸国にくわえ、中国をふくむ五十カ国近くがモスクワ大会をボイコット、ソ連をはじめとする東側諸国は、その報復として、次のロサンゼルス大会をボイコットした。

筆者はこのころ、中高生である。スポーツの祭典というキレイ事ではなく、五輪こそ生々しい国際政治そのものなのだとようやく気がついた。何ともおぼこいものである。

しかも近年はいよいよ巨大化・興行化するばかり。その評価もメダルの色と数を至上の基準とする。そこに厖大(ぼうだい)な利権がからんで、大会は国際商業主義の舞台となりはててしまった。