なかぞら・まな●1991年慶応義塾大学経済学部卒業、野村総合研究所に入社。97年野村アセットマネジメントでクレジットアナリストに。社債や国債を分析。モルガン・スタンレー証券、JPモルガン証券を経て、2008年10月からBNPパリバ証券クレジット調査部長。11年から現職。(撮影:尾形文繁)

2017年12月、バーゼル3の最終形について、ようやく合意がなされた。バーゼル3とは08年の金融危機を受けての銀行規制改革だ。16年12月の合意を目指していたが、1年越しの決着である。さまざまな規定があるが、まず注目のポイントとして、三つ指摘したい。

第一に適用時期である。適用開始時期は19年から22年1月1日へ3年の先送りが決定した。次に述べるアウトプットフロアについての適用完了は27年でよいとされるなど時間的猶予が確保された。

第二にアウトプットフロア(資本フロア)が72.5%に決まったことである。アウトプットフロアとは資産のリスク量に対して必要とされる資本の下限。リスクの計測に内部のモデルを使っている銀行に対しても、共通の基準である標準的手法に基づく資本の下限を設けようというものだ。