医療機関からの診療報酬の請求を審査するのが、社会保険診療報酬支払基金だ。医療機関から提出される診療報酬明細書(レセプト)の内容に誤りがないかをチェックし、保険者(健康保険組合など)に代わって医療機関に診療報酬を支払う。業務運営のあり方やIT(情報技術)を使った医療の効率化について、伊藤文郎理事長に聞いた。

いとう・ぶんろう●1954年生まれ。名古屋大学農学部卒業。肥料販売会社経営を経て2007〜14年愛知県津島市長。国民健康保険中央会常勤監事を経て16年から現職。(撮影:尾形文繁)

──現在の支払基金の規模と審査委員の数は?

本部(東京)と都道府県単位の支部で計4300人ほどの職員がおり、そのうち約3000人が審査担当だ。審査には最終的には医学的な判断が必要であり、約4600人の医師と歯科医師が審査委員になっている。審査委員は月に数日、支部に来て審査業務に当たっている。