【今週の眼】柳川範之 東京大学大学院教授
やながわ・のりゆき●1963年生まれ。慶応義塾大学通信教育課程卒業。93年東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。経済学博士(東京大学)。東京大学助教授などを経て2011年から現職。主著に『法と企業行動の経済分析』『独学という道もある』など。(撮影:今井康一)

経済政策が目指すべきものは何か。そう問われたら、経済学者も含めてほとんどの人がより満足度の高い生活、国民の幸福の追求だと答えるに違いない。そして、経済政策は通常、GDPあるいはその成長率で測られる。

もちろん、生産活動レベルが低ければ、国民が十分満足できるような消費はできないから、GDPがある程度高いことは満足度の一つの指標であることは間違いないだろう。しかし、両者が必ずしも同じ方向で動くとは限らない。この点は単純な例を考えてもすぐわかる。