12月9日、米国ニューヨークではセクハラ被害を訴える大規模なデモが行われた(ZUMA Press/アフロ)

米国で、セクシャルハラスメントの告発が急速に広がっている。

2016年7月、米テレビ局・FOXニュースのロジャー・エイルズCEOが、元キャスターの女性からセクハラで提訴され辞任したのを皮切りに、さまざまな業界でセクハラ疑惑が相次ぎ浮上した。

大きな注目を集めたのが、ライドシェアを手掛ける米ウーバー・テクノロジーズでの出来事だ。同社のエンジニアだったスーザン・ファウラー氏が、自身のブログで、上司からのセクハラやそれを放置した人事部について暴露。17年6月にはセクハラ問題などの責任を取り、CEOが辞任した。

そうした中、米『タイム』誌が「今年の人」にセクハラ行為を告発した「サイレンスブレーカーズ」(沈黙を破った人たち)を選び、話題となっている。