学研HDは高齢者向け住宅を全国で120カ所程度展開する

「まだかな、まだかな〜、学研のおばちゃん、まだかな〜」

1970年代のテレビCMで一世を風靡した、学習研究社(現・学研ホールディングス、以下・学研HD)。主力商品だった学年別学習雑誌『科学』と『学習』は、書店チャネルを介さずに独自の直販ルートで部数を伸ばし、79年には約670万部を売り上げた。

しかし両誌は、少子化や学習塾に押され2010年に休刊。学研HDの売上高も10年9月期に781億円と、ピーク時(91年3月期)の45%にまで落ち込んだ。

その学研HDが、前17年9月期には、15期ぶりに売上高で1000億円の大台と営業利益30億円台を回復。同社の宮原博昭社長は「ようやく離陸できた」と胸をなで下ろす。