12月13日に上場したSGホールディングスは2017年最大のIPOとなった(撮影:梅谷秀司)

2017年は最後に大物が駆け込んできた──。佐川急便を傘下に持つSGホールディングスは12月13日に東証1部に上場。調達額は1276億円と、17年のIPO(株式新規公開)で唯一、1000億円を超えた。

12月の「駆け込み上場」はSGのほかにも多い。株式市況の好調を追い風に16年12月の14社から1.5倍以上の23社が上場する予定だ。17年全体の新規上場は12月末までに90社となる予定で、16年比で7社増加した。

調達額は前年の約8360億円から約6470億円と15年から2年連続で減少する見通しだ。ただし調達額の落ち込みは、15年の日本郵政グループ3社(調達額1兆4362億円)、16年のJR九州(同4160億円)といった民営化の超大型案件が17年にはなかったことが大きな要因。その影響を除けば17年も活況が続き、「個人投資家の資金がIPO銘柄に集中的に向かった」(IPOジャパンの西堀敬編集長)。

では、個別銘柄のパフォーマンスはどうだったか。今回、本誌は12月14日までに上場した企業の初値と14日終値から騰落率を算出。銘柄の「勝敗」をランキングにまとめた。