(イラスト:ソリマチアキラ)

おかげさまで、無事に2017年度女子プロゴルフツアーが終了しました。18年度は、レギュラーツアー38大会。下部ツアーのステップ・アップ・ツアー21大会。シニア女子ツアー5大会、17年度同様64大会が開催される予定です。そして、どのツアーも賞金総額は17年度より増加しており、レギュラーツアーでは7年連続賞金総額が増額され、6年連続で史上最高額を更新いたしました。この場をお借りして、大会スポンサーの皆様はじめ大会にかかわる多くの関係者の皆様、そして全国のゴルフファンの皆様に厚くお礼申し上げます。

17年度を振り返りますと、23歳で徳島県出身の鈴木愛プロが賞金女王に輝きました。メルセデスランキング1位となって年間最優秀選手にも選出され、優勝2回にベスト10入り16回と最も安定していました。ツアー全体では優勝者27名。18歳から41歳までの幅広い選手が活躍しました。その内容は、プレーオフが5回、1打差優勝は9回、2打差優勝は10回と、38大会中24回は僅差での争いで、誰が優勝するのかわからないワクワクドキドキが18番ホールまで続きました。