6000人規模のお笑い芸人・タレントを抱えるエンタメ界の巨人、吉本興業。同社の大崎洋社長に、日本のエンタメビジネスの現状と将来について語ってもらった。

おおさき・ひろし●1953年生。78年関西大卒業、同年吉本興業入社。ダウンタウンのマネジャーなどを務め、2001年取締役東京本部制作営業統括部長。05年専務取締役、06年取締役副社長、09年より現職。(撮影:尾形文繁)

──吉本興業の創業家をモデルにしたNHK連続テレビ小説「わろてんか」が好評です。

メーカーの創業者や偉人ではなく、お笑いの会社を扱ってもらったことに時代の流れを感じる。先日、オリックスの宮内義彦シニア・チェアマンに、コンテンツなども含めたベンチャーファンドを立ち上げる話をしたら、「いいね。そういう時代だよ」と、言っていただいた。コンテンツやエンターテインメントが、ただの娯楽以上の役目を果たせる時代になった。