右派ポピュリスト政党・AfDの躍進や排外主義の拡大に抗議する人々のデモも活発だ(ロイター/アフロ)

ドイツが2015〜16年の2年間で受け入れた亡命申請者の数は約123万人。これは世界最高の数字だ。

メルケル首相は15年9月に、ハンガリーで立ち往生していたシリア難民らに対し、人道的理由からドイツでの亡命申請を認めるという「超法規的措置」に踏み切った。このため一時は毎日約2万人の難民が列車や徒歩でドイツに到着。15年には約48万人、16年には約75万人が亡命を申請した。

だが難民を中央政府から割り振られた地方自治体からは、「これ以上受け入れられない」と強い不満の声が上がった。さらに難民がイスラム系テロ組織の思想に感化されて、クリスマス市場に大型トラックで突っ込んだり、音楽祭の会場近くで自爆したりするなど、治安が悪化した。