『CAN YOU CELEBRATE?』など数々のヒット曲を世に送り出した安室奈美恵が2018年9月に引退(Getty Images)

2018年は「安室ラストイヤー」となる。17年9月、安室奈美恵は自身の40歳の誕生日に1年後の引退を宣言。スーパー・モンキーズのメンバーとしてメジャーデビューした9月16日を引退の日とし、26年の音楽活動に区切りをつける。

最近は、アイドルを含め、女性グループのアーティストが全盛の時代。女性のソロアーティストとして音楽界を牽引してきた彼女の引退は、トレンドの変化を象徴する出来事だ。

エンターテインメントビジネス誌『コンフィデンス』の椎葉克宏編集長はこう話す。「山口百恵が引退した年に松田聖子が歌手デビューした。期待を込めて、新たな女性ソロの誕生があるかもしれない」。いずれにせよ、18年が音楽界の一つの区切りになることは間違いない。