15年、日本生命は三井生命の買収ですぐに首位を奪還した。写真左が日生の筒井義信社長(撮影:今井康一)

ビッグディールは起きるのだろうか。生命保険業界では再び「再編」の足音が響き始めた。その主役は最大手の日本生命である。外資系中堅生保のマスミューチュアル生命の買収で最終交渉に入っている。日生は最大2000億円をこの買収に投じる見込みだ。

自他ともに認める業界の盟主・日生にとって最大の屈辱は、2014年9月中間決算で保険料等収入首位の座を第一生命に奪われたことである。ショック、憤り……。このときの日生関係者たちの反応は業界で語り草になっている。日生は15年の三井生命買収などにより、すぐに首位を奪い返した。

三井生命買収のもう一つの狙いは販売チャネルの多様化だった。「チャネルが営業職員中心から多様化していく中で、三井住友グループという、金融機関のチャネルを手に入れたのは大きい」(業界関係者)。次に狙いを定めたマスミューチュアルも銀行窓口での保険販売が専門だ。