ビットコインは投資対象として完全に認知された

仮想通貨ビットコインにとって2017年は爆騰の年となった。ドル建て価格は、11月末に史上初となる1万ドルの大台を突破。さらに、そこから2週間余りで1万9000ドル台に到達した。1月につけた年初来安値775ドルからすると20倍超だ。円建て価格も、17年初めに10万円前後だったのが一時220万円台と急上昇した。

爆騰の理由は、「買いたい人が多く出てきたから」という一言に尽きる。仮想通貨の購入者は次の三つに分類される。(1)仮想通貨のコンセプトや技術を評価し、購入したら安易に売らない人たち、(2)技術などを評価しているが、売買することも好きな人たち、(3)技術などには関心がなく、売買にのみ興味を持つ人たち。この(3)のいわゆる投資家層が一気に拡大した。