2017年は、たばこ業界が大きな転換点を迎えた年だ。国内外のメーカー3社が加熱式たばこの東京での販売を開始、競争が激化した。

ピーク時の1996年度に3483億本あった紙巻きたばこ販売本数は、16年度には1680億本と半分以下にまで激減。加熱式たばこは、たばこ葉の入ったカプセルやスティックを専用の端末で加熱するなどして、発生した蒸気を吸引する。煙が発生せずにおいも少ないため周囲を気にする喫煙者からの引き合いが強く、各社は加熱式たばこに活路を見いだしている。

日本たばこ産業(JT)は17年6月に「プルーム・テック」の都内での販売を開始。ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン(BAT)も、「グロー」の全国販売を10月から始めた。フィリップ モリス ジャパン(PMI)の「アイコス」を含めた3社が競っている。